平沢ビーチのやや深場、行ったことがあったつもりで行ったことがなかったことに気づき、昨日より攻め出しておりますが、いや~、正直マニアックだけど激オモシロ!!

水温はいよいよ15℃台に突入。
ちょっぴり冷えますが、身体は正直。
ドライスーツ内で小さい方を垂れ流す勢いと覚悟をもってすれば、ノンストップリミットぎりぎりまで目いっぱい楽しい思いができると思います。
まぁ、ダイバーさんにもよりますけど…。

昨日と同様、ビーチの右側(東側)方向へ。

途中、ちょっと寄り道して、ネジリンボウ。
わっ、カワイイ♡
ネジリンボウ・平沢マリンセンター

いるだろうな、多分…、と思ってはいましたが、やっぱりいるいるヒレナガハゼ。
幼魚も成魚も。
ヒレナガハゼ・らららサンビーチ
ヒレナガハゼ・平沢ビーチ
背ビレの開閉のことなんて気にしちゃいられないくらい、それはもうどの個体も超がいくつも付くくらいのシャイさ。
そう思うとますます期待と緊張で、浮力の微調整をドジってぶわーっと巻き上がる砂泥。
そこはじつにシルティでマッドな世界なのであります。

ところどころには転石。
そこに付着するムチカラマツには、擬態して安心しきっているエビ。
ムチカラマツエビ・平沢ビーチ

イボイソバナガニのウツボ抜き~♪
イボイソバナガニ・らららサンビーチ
ガブッとやられそうでハラハラ。
これが寄りの限界。

浅場に戻るとラッパウニには極小のゼブラガニ。
平沢ビーチ・ゼブラガニ

水温が低下し、群れる魚がちょっとずつ減ってきましたが、マクロな生物たちはいろいろといるようです。
でもイワシは群れ群れでしたけどね。

透明度は若干ダウンしてしまい、浅場が7~8m、深い方で10~13mといったところでした。

午後から西が吹き出し、沖はバシャバシャしておりましたが、波打ち際寄りは至って穏やか。
ダイビングエリアは終日問題なくオープンできました。

明日は北東の風、曇りのち雨の予報です。
やや強く吹きそうですが、風裏側の西伊豆ビーチエリアにとっては好条件。
明日はベタッと終日穏やかコンディションが期待できそうです。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【西伊豆沼津西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/