「平沢マリンセンター」スタッフブログ

西伊豆沼津市西浦らららサンビーチにあります現地ダイビングサービスのスタッフブログです。
その日の海況や海中の様子、現地の出来事やお知らせなどを気ままに書かせてもらいます。
スキューバダイビングやシュノーケリングをはじめとした、マリンアクテビティのことでしたら何なりと「平沢マリンセンター」までどうぞ♪
TEL 055-942-2646


平沢マリンセンターのホームページはこちら
https://www.hirasawa-mc.com/

西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内にあります、現地ダイビングサービス「平沢マリンセンター」のスタッフブログです♪
内浦湾の海の様子を、スタッフが思いついたままいろいろお伝えします!!
平沢マリンセンターの旧スタッフブログへ

カテゴリ: お知らせ

今日も残念な雨模様。
しかも途切れることなく、シトシトパラパラザーザーととにかくよく降りまくりな1日・・・。

こんな日は家で寝転がってテレビでも⁇
いやいや、せっかくのお休みなんですから、ダイバーならぜひ海へ。
・・・と勝手な言い様かもしれませんが、あいにくな天気の中、日曜日らしい活気のあったここ平沢マリンセンターでした。

それにしてもよく降りますね~。
・・・ということで、傘立てを新設。(笑)
傘立て@平沢マリンセンター
でもあまり傘をさしてダイビングに来る方は少ないですよね。
なので、敢えて小さめ・・・。

あぁレンタル器材が全然乾きません。((+_+))
レンタル器材が乾かなーい@平沢マリンセンター
おかげで閉店後はこの有り様です。

天気のことはこれくらいにして、今日の海の様子。

終日予報通りの東よりの風。
でも昼過ぎくらいは一時、あれれ~というくらいに吹きました。
でも基本的に東よりの風には強い西伊豆エリアのここ平沢は、全然問題なし。
むしろ終日穏やかだったなぁ~という印象です。

もちろん淡島も。
今日の淡島20171015
それにしても特徴的な形。
まさにモッコリ!!

「火山の根」であるこの淡島。
なんでこんなユニークな形をしてるのかなぁ~ということは、こちらに記されています。
伊豆半島ジオパークのWEBサイトへ

ユニークな地形は海底でも見られます。
淡島海底 (1)
淡島海底 (2)
淡島海底 (3)

・・・ちなみにこれらは今日の画像ではありませんので悪しからず・・・。

このマグマが造り出したダイナミックな地形も、淡島ボートダイビングの大きな魅力の一つ。
フィッシュウォッチングだけではなく、ぜひこういった地形もご堪能下さい。
もう少し透明度が良くなったらですけど・・・。

そんな今日の淡島の透明度は10mにちょっと届かず・・・。
でもサクラダイはもちろんのこと、今日はカンパチの連隊も凄かったようですよ。

そして平沢エリア。
透明度は西側がやや悪めの5m前後。
でも東側は午前中、良いところで10m以上もあったようで、まぁいろいろな方に訊いたところを加味すると1日通して概ね8~10mなのかなといった感じ・・・。
昨日よりアップしているようです。
確かにボートから水面下が昨日より良く見えましたからね。

また陽気が陽気だっただけに、海の温かさが皆さんとっても心地良さそうでした。
水温は24~25℃と、昨日までと変わっておりませんよ。

ところでここで皆さま・・・特にお煙草を吸われる方にお願いです。
自分も随分前から気にはなり、そのままズルズルと来ちゃっていたのですが、喫煙エリアの場所・・・。
トイレや更衣室の前に位置し、どんな方でも必ず絡む場所だけに、喫煙されない方にはとってもその辺りが苦痛だったと思います。

ちなみに今年の日本の成人喫煙率はというと、男性で28.2%、女性で9.0%。
このデータからも、どうすべきかは明らかです。

・・・ということで、思いっきり急で本当に本当に申し訳ございませんが、明日より喫煙エリアの場所をマリンセンター屋上(2階)の灰皿のある所にとりあえず変更させていただきたいと思います。
勝手に決めさせていただきましたが、どうかご理解の程、宜しくお願いいたします。m(__)m

明日も東よりの風、雨天の予報です。
予想最高気温は昨日より低め・・・。
皆さま、暖かい服装でお越し下さいませ。


平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ&お詫び】
只今、ホームページに不具合が生じ閲覧できないようになっております。
お問合せに関しましては、大変お手数ですがお電話にてお願いいたします。
TEL 055-942-2646
ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

毎年6~8月の3ヶ月間は、淡島のボートダイビングがクローズとなりますが、平沢エリアの「亀島(かめじま)」のボートダイビングは通年オープンとなります。

そして明日9月より、淡島がオープン。
淡島ボート秋 表s
淡島の水中景観についてはコチラ

平沢マリンセンターがオペレーションするボートダイビングポイントは、「淡島・根の鼻」と「平沢・亀島」の2ヶ所となります(いずれもダイビングボートは平沢マリンセンター前東口横の浮桟橋となります)。
淡島ボート水中マップ
平沢ボート告知


改めまして、両ポイントでのボートダイビングのガイドラインを以下に記載いたします。

●ダイビングスタイルは基本的にドリフトではなく、ブイ→ブイとさせて頂き、潜水時間は45分までとさせて頂きます。

●出航時間は基本的に定刻制ですが、他にご利用のグループ様がいらっしゃらない場合、その限りではありません。下記の出航時刻表と参考タイムスケジュールをご参照頂き、ご希望の『出航時間』ご確認を上、なるべく前日16:00までにご予約をお願いいたします。それ以降のご予約に関しましては承ることができない可能性がありますので、予めご了承下さい。ご希望の時間に既に満員などの理由でボートのお席をご用意できない場合はご予約のご連絡時、もしくは直後にこちらから別時間のご提案等のご案内をさせて頂きます。

●ボートダイビングご利用の際、残タンクでのボートダイビング、またボートダイビング後の残タンクでのビーチダイビングは固くお断り申し上げます。

●ご精算に関しましては、平沢マリンセンターにてタンク代、施設使用料と共に現金一括となります(料金についてはお問合せ下さい)。

●ボートの定員(操船者を除くダイバー様)は10名様となり、別チーム同士の乗り合いの場合もあります。

●ダイバー様の参加条件は特に設けません。但しサーフェスマーカーブイとホイッスルの携行をチームリーダーに義務付け、全ダイバー様に携行を推奨させて頂きます。

●出航時間の5分前までに器材セッティング、ブリーフィング等のご準備を終了させて下さい。出航・帰着場所は、平沢マリンセンター前の東側エントリー口横の浮桟橋となります。スクーバ器材を背負っていただいた状態でご乗船いただきます。

●出航可能の最終決定はダイビングボートの船長とさせて頂きます。よって当日の海況の急変などにより出航の取り止めが急遽あり得ることを予めご了承下さい。


出航時間は、
①9:30
②11:00
③12:30
④14:00

となります。

さらに基本的に、①②は淡島優先、③④は平沢優先とさせていただきますが、当日他にお客様がいらっしゃらない場合、この限りではありません。
できる限り、臨機応変に対応させていただこうと思っております。

ポイントまでの片道所要時間は・・・、
淡島は約10分、平沢は約1分です。

以上です。
ご不明な点等ございましたら、お手数ですが平沢マリンセンターまでお問合せ下さい。



7月より2ヶ月間、らららサンビーチが海水浴場としてスタートすることにより、昨年と同様にダイバー様の『駐車場』、そしてタンク置き場が少々変わります。

まずご来店の際の入り口ですが、通常の鉄製のゲートからではなく、一つ手前(東側)の木製のゲートよりお入り下さい。
夏の出入り口と駐車場への経路 (2)
立て看板が目印となります。

進入していただきますと、すぐマリンセンターの建物につき当たります。
夏の出入り口と駐車場への経路 (1)
そのつき当たりを右へお進み下さい。

さらにマリンセンターの裏側をそのまま直進していただきますと、奥が駐車スペースとなります(駐車料金は夏料金となります)。
夏の出入り口と駐車場への経路 (3)

お帰りの際は、今のと逆の経路となりますので、お車の出入りに支障のないところに駐車して下さい。
もちろん今まで通り、マリンセンター前の広いスペースへのお車の乗り入れは可能です。

ちなみに、いつもご利用いただいているこのエリアは、7月1日より8月31日まで使えなくなります。
夏季駐車場について

そしてタンク置き場に関してですが、浮桟橋のある東側エントリー/エキジット場所は変更なしなのですが、ヘッドランド側の西側エントリー/エキジット場所前のタンク置き場は、昨年と同様にここ(画像中央下)になります。
夏季タンク置き場
もちろんタンク置き場周辺での器材セッティングは可能、そして上の画像の青い矢印の経路でエントリー口に向かって下さい。

エントリー/エキジット場所に関しては、西側と東側共に変更はございません。
ただし砂浜からのエントリー/エキジット(もちろんダイビングも・・・)は2ヶ月間、できなくなりますので予めご了承下さい。

ちょっとややこしくて申し訳ありませんが、昨年と同様、さらに7月1日から8月31日までの2ヶ月間のみとなります。


以上、7月1日から8月31日までの2ヶ月間のみ変更となる点は・・・

●お車の出入り口
●西側のタンク置き場(空タンクも含め)
●駐車場の位置
●駐車料金
●砂浜側のエントリー/エキジット(もちろんダイビングも・・・)

です。

皆様のご理解とご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
スタッフ一同、皆様のお越し・ご利用を心よりお待ちしております。m(__)m

平沢マリンセンターより朝倉でした。


只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/


来月6月から3ヶ月間、淡島のボートダイビングがお休みになるからだけではありませんが、平沢マリンセンター前の平沢ビーチエリア内で、ボートダイビングができるようになりました。
(※当面の間はまずダイビングショップ様限定で考えております)
平沢でボートダイブ

基本的に西よりの強風に弱いとされている西伊豆エリア。
そこに位置するここ平沢の特長として、西よりの風が強めの時にも関わらず穏やかなコンディションでボートダイビングもできます。

ボートダイビングが初めてな方、アドバンスやスペシャルティコースのボートにバッチリです。

潜降ブイラインの基点は水深8mに設置しました。
平沢ビーチ水中MAP1
グラフィックス1

さらに短距離でディープな水深が取れるところにボートをつけます。
したがいまして、マリンセンター前のエリアでディープの講習もできるようになるわけです。
ナイトダイビングもリクエストベースで開催可能ですから、平沢マリンセンターでアドバンスドオープンウォーターダイバーコースの各ダイブが全てできちゃいます。

ちなみにボートでの移動時間もかなり短いのもいいですよ。
なにしろ、操船する我々が楽チン♪(笑)

エリア内ということで、操船は細心の注意を払い、超スローで航行。
なるべくダイバーさんが潜ってないだろうなというところを航行します。

基本的に出航時間は、①9:30 ②11:00 ③12:30 ④14:00 とさせていただきますが、出来る限り臨機応変に対応させていただこうと思っております。

できましたら前日までにご予約をいただければ幸いですが、急な当日のリクエストにも柔軟に対応させていただきます。

料金体系などの詳細は、お電話などでお問合せ下さい。m(__)m

2017年6月4日(日)に「オープンウォータースイム大会」が、らららサンビーチで開催されます。
それに伴いまして、砂浜側からのエントリー/エキジット、及び砂浜エリア内でのダイビングが終日できなくなります。
静岡お茶OWS大会2017 (1)
平沢マリンセンター前のエリアは通常通りにダイビングは可能です。

予めご了承下さい。


↑このページのトップヘ