「平沢マリンセンター」スタッフブログ

西伊豆沼津市西浦らららサンビーチにあります現地ダイビングサービスのスタッフブログです。
その日の海況や海中の様子、現地の出来事やお知らせなどを気ままに書かせてもらいます。
スキューバダイビングやシュノーケリングをはじめとした、マリンアクテビティのことでしたら何なりと「平沢マリンセンター」までどうぞ♪
TEL 055-942-2646


平沢マリンセンターのホームページはこちら
https://www.hirasawa-mc.com/

西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内にあります、現地ダイビングサービス「平沢マリンセンター」のスタッフブログです♪
内浦湾の海の様子を、スタッフが思いついたままいろいろお伝えします!!
平沢マリンセンターの旧スタッフブログへ

タグ:シモダイロウミウシ

今日は久々の淡島でのリサーチダイブ。
操船担当でしょっちゅう行ってはいるのですが、正直なところ今年はあまり潜っていませんでした。

お化けトサカにサクラダイの乱舞、そしてダイナミックな地形・・・。
淡島ボートダイブをひと言で言うと、その3つかなぁ~という感じでしたが、じつは「マクロ」もかなりイケてます。
そんなところを再確認したくて、1本入ってきました。

いや~それにしても淡島の海って、深場へのアクセスがあっという間。
ここではちょっと言えない水深に行っても、まだまだ傾斜は続いております。
その魅力にグイグイ吸い込まれていきそうでちょっと注意が必要なんですけどね。

うしろ髪を引かれる思いで、まずはハクセンエビのいるスナイソギンチャクでストップ。
ハイ、いつものようにシャッターを押すも反応なし・・・。
えーっ⁇ この水深でもうダメなの⁇ TG4の純正ハウジング。
何度チャレンジしてもダメなものはダメ・・・。

その辺りのスナイソギンチャクには、100%に近い確率でハクセンアカホシカクレエビが住み着いていたりして・・・。
もうそれだけでなんて贅沢な!! という感じになります。

そこから徐々に水深を上げつつ、岩場のエリアへ。
すると、ナント!! 小さなモエギハゼ(多分・・・)を発見。
ウソでしょーーーー!! と鼓動が速くなるのを抑えつつ、鼻息が荒くなるのも抑えつつ、そろーっとカメラを構えた途端、ズボッと穴へ入ってしまわれました。
水深的にあまり粘ることもできず、結局ゲット成らず・・・。(T_T)
場所は覚えているので再チャレンジしてみたいと思います。

これでイッキにダメダメモードに。
オニベニハゼには全て嫌われ、さらにオキトラギスにさえ敗北・・・。(T_T)

でもなんとか淡島では定番のレア?ネタ・・・ムギワラエビにはありつけやした。
ムギワラエビ@淡島
ちなみにオルトマンワラエビではございませぬぞ。

それにしてもウミウシの苦手な自分にでさえ、とりあえずいろんなウミウシが視界に入ります。
ハナオトメウミウシ@淡島
サメジマオトメウミウシ@淡島
シモダイロウミウシ@淡島

こりゃ絶対、ウミウシ好きの方ならもっといろいろ見つかるはず!!
多種多様のウミウシワールドの淡島の海だな~。

根のトップには相変わらず、サンゴイソギンチャクのお花畑。
万人ウケする様相を呈しておりやす。
クマノミのペア@淡島

ちなみに今日の淡島の海は、透明度5~10m。
淡島に潜って上がってきた方の多くがよく言われる・・・「でも、意外と悪いって感じがなく、面白かったー!!」というお言葉。
今日改めて入ってみて、そのお言葉の意味が分かりました。
行く先々に、見どころがどっさりで飽きないんですよね。

そして場所は移り、平沢ビーチ。
今日はダイビングショップ・海族(かいぞく)の金子インストラクターが、ゼブラ柄のカエルアンコウを探しに行かれたら、別個体のカエルアンコウをゲット。
カエルアンコウ@平沢ビーチby海族金子氏 (1)
(photo by 金子氏)

別角度で・・・。
カエルアンコウ@平沢ビーチby海族金子氏 (2)
(photo by 金子氏)

ナント!! イイ感じ♪
ぜひ明日からのネタリストに加えさせていただきます。
金子さん、ありがとうございました。m(__)m

水温は平沢も淡島もなんとか23℃台。
ダイブコンピューターによっては22℃台となっております。

それにしても今日は南西風がよく吹いてくれました。
沖合は風波が高くなりましたが、淡島ボートは午後もなんとか出来ました。
そして平沢ビーチエリアは全域終日特に問題なしなレベルでした。

ちなみに平沢エリアの透明度は5~10m弱。
やはり今日も東側の方が良かったようです。

さぁ明日は三連休のファイナル。
天気は晴れマーク、風は東よりに変わりますので、淡島も含め穏やかなコンディションが期待できそうですよ。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】
9月より淡島ボートダイビングがスタートしております。
淡島ボートダイビングについては、コチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

いや~~~、暑かったーーーー。(>_<)
皆さんは本日、「暑い」「あちーー」「あぢーーーー」などという単語を何回発したのでしょうか⁇

いったいこの暑い日に日本中の人が流す汗の量って、どれくらいなんだろう・・・。
きっと25mスイミングプールで2~3杯くらいかなぁ~、それにしてもあぢぃーーーなぁと思いながら、ぼんやり眺めた光景・・・。
超真夏日
うわっ、やっぱり暑そ・・・。(>_<)

そして連日の激務・・・(ぷぷっ)にバテ気味のあゆみねえさん。
ぐびっとユンケルでスパーク。
お疲れのあゆみちゃん
なんとなく、夏バテのおやじ的な・・・。

さぁさぁ本題の海の話。

今日は昨日とうって変わって、良さげな凪っぷり。
午後からちょびっと南西の風がそよそよ程度に吹きましたけど・・・。
ちなみにウネリは全くなし。

そして透明度はと言うと、うーん、イケてませんでした。(T_T)
午後からの上げ潮でちょっぴり冷たい22℃の潮が深場から透明度をアップさせましたが、それでもなんとか10mくらいの透明感。
それ以外は3~6m、エリアぎりぎりの沖側で8mくらいの透明度でした。

ヘッドランドの沖側の今話題の群れ群れスペシャルは、透明度が良ければ満点でした。
さらにアオリイカの産卵ショーもイケイケでしたが、これももう少し透明度が良ければなぁと贅沢を言いたくなるほどの充実度。

きっと東側はまずまずヌケてるはず!! と思い込んで、まずは午後一発目のリサーチ。

じつは昨日こっそりミジンちゃんの巣をわかりやすい場所に移動しちゃってみたのですが、それが心配でまずはそこに直行。
結果は⁇

『無事にペアで健在でしたーーー!!』

さらにその周辺をじっくり探索。
そしたら、別個体のミジンちゃんのペアを発見!!
ミジンベニハゼ
ミジンベニハゼ (2)
ペアなんですけど、非常にシャイでなかなかペア一緒にゲットできず・・・。
ちなみにこれも巣ごとわかりやすい位置に移動しておきました。

その他、こんなのとか・・・。
タツノイトコのペア

たまにはウミウシも。
シモダイロウミウシ・アラリウミウシ
ミツイラメリウミウシ

そしてボートのブイ下。
メジナうじゃうじゃ
相変わらずメジナうじゃうじゃ。

そして東側エントリー口へ向かう途中。
ホンベラうじゃうじゃ
ホンベラうじゃうじゃ。

やっぱり東側もイイですよ~♪。

さらに今日日中最後のミッション。
江梨の釣り船の船長、大ちゃんが、お盆休み前にと言うことで、アオリイカの産卵床用の木をどっさり持ってきてくれたので、それを設置しに。
これでとりあえず当面は、やりまくり産みまくり、そしてくっつけまくってくれても全然大丈夫なほどになりました。

ついでに例のあそこの産卵床は⁇ と気になったので見に行ってみると・・・。
沈自転車にアオリイカの卵
うわっ、どっさり!!
ちょっとキモッ。

オープンウォーターダイバーコースで、アオリイカの産卵ショーと、マアジやムツ、イワシのシャワー?カンパチの小連隊といった群れ群れスペシャルなんてのはいかがでしょうか⁇
とっても贅沢な海洋実習ですよね♪

明日は南東のち南西の風、曇りの予報です。
曇ってはいても最高気温は34℃!!
冷え冷えの麦茶を用意して、皆様のお越しをお待ちしておりまーす!!

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】
7月より2ヶ月間、らららサンビーチが海水浴場としてて運営されることにより、昨年と同様にダイバー様の『駐車場』、そしてタンク置き場が少々変わります。
詳しくはコチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/


↑このページのトップヘ