「平沢マリンセンター」スタッフブログ

西伊豆沼津市西浦らららサンビーチにあります現地ダイビングサービスのスタッフブログです。
その日の海況や海中の様子、現地の出来事やお知らせなどを気ままに書かせてもらいます。
スキューバダイビングやシュノーケリングをはじめとした、マリンアクテビティのことでしたら何なりと「平沢マリンセンター」までどうぞ♪
TEL 055-942-2646


平沢マリンセンターのホームページはこちら
https://www.hirasawa-mc.com/

西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内にあります、現地ダイビングサービス「平沢マリンセンター」のスタッフブログです♪
内浦湾の海の様子を、スタッフが思いついたままいろいろお伝えします!!
平沢マリンセンターの旧スタッフブログへ

タグ:テッポウイシモチ

夏休みに突入~!!

らららサンビーチは海水浴の人たちがいっぱい!!
今日のらららサンビーチ
うーん、日本の夏、伊豆の夏。
夏らしい光景ですね。

一方マリンセンター前。
マリンセンター前

やっぱり海水浴は砂浜なんですかね。
こちらはダイバーが独り占め。
なんか申し訳ないような感じです。

いやしかし広い敷地です。
たくさんのダイバーさんがいらしていただいたとしても、ゆったりとしたスペースが確保できそうですよ。

それにしても今日も暑い1日でした。
でも風があって、それだけでもちょっとラッキーでした。

この風は南西の風。
意外に強めに吹いたため、沖合は白波がたっておりましたが、ダイビングエリア内は殆ど全く影響なし。
ビーチもボートも問題なくオッケーでした。

そして透明度。
やはり表層と浅場は濁り気味で、5m前後といった相変わらずのコンディション。
しかし下の方や深場はまずまず見えていて、透明度8~10mでした。
特に午後はクリア感がアップしましたが、その分水はヒンヤリ感たっぷり。
深場は22℃ラインを前後、浅場は殆どぬるま湯といった感じで25℃くらいでした。

平沢エリアの西側は、アオリイカの産卵ショーが今日も絶好調。
殆どそれオンリーでお腹いっぱいです。

そして東側。
ボートを使ったり、頑張ってたくさん泳げば、深度の幅も手伝って、非常に生物層が厚かったです。

例えば深場。
そこはハゼ天国。
イトヒキハゼ、シゲハゼ、ヒレナガハゼがあっちにもこっちにも状態。
どんどん引っ込ませても、全然残念に感じないほどです。

もちろんトガリモエビも健在。

そして自分は初めてお目にかかるこんなレア?モノに遭遇。
アミウツボです。
アミウツボ

そしてこの光景。
すっごく好きなのでまた撮ってアップしちゃいます。
アカイシガニとスナイソギンチャク

少ーし深度を上げると、岩のオーバーハング部分には、ダイダイヨウジ。
ダイダイヨウジ

ニジギンポやフタホシニジギンポは高確率で卵を保護中。
ニジギンポ卵保護
パイプ内側の赤いのが卵です。
びっちりたくさんありますねー。

極小のウミウシも今日は自分の視界に入りました。
スィートジェリー

ん??
何かクシャッとしたものを発見。
広げてみると・・・。
安全第一
はい!! わかりました。m(__)m
気をつけまーす。

いや~、東側・・・めっちゃ熱いわーーーー。
ついつい経つ時間を忘れちゃう。
忘れたい・・・。
でも「安全第一」ですもんね。

講習は西側。
アオリイカの産卵ショーも西側。
フィッシュウォッチングなら断然!! 東側がオススメです。
皆さまもぜひ!!

急なボートのリクエストも全然オッケーですから、お気軽にご連絡・お申し出下さいね~。

明日は西よりの風、曇りの予報です。
明日は今日よりも強めに風が吹きそうですが、まぁエリア内はビーチ・ボート共に終日大丈夫でしょう。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】
7月より2ヶ月間、らららサンビーチが海水浴場としてて運営されることにより、昨年と同様にダイバー様の『駐車場』、そしてタンク置き場が少々変わります。
詳しくはコチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

今日も引き続き、海水浴売店の休憩エリア設営作業。
とにかく強気な日差しとべったりと張り付くような高湿度の熱風。

やっとのことでなんとかほぼ完成。
ぜひダイビングの合間にお立ち寄り下さい。
夏の定番!! かき氷も販売しておりますよ~♪

さてさて海の話。
今日も終日、西よりの風。
今日も早々に風力が一時顕著になりました。
沖合はパシャパシャしましたが、エリア内は問題なし。

作業後、なんとか夕方前に1本行って参りました。

予想に反し深場に冷たい潮はなく、それもあってか透明度は全体的に概ね5m前後と不調。
こりゃもう完全にマクロメインのネタ捜索だなと気持ちを引き締め直し、底を這いずるように東側を丹念に見て回りました。

まずは東側砂地の深場の定番、ヒレナガハゼ。
20170712 (3)
幼魚もボチボチ登場しておりますが、これは完全に大きな成魚の個体。
いつ見てもカッコいい共生ハゼです。

沖のブイを固定しているロープにはイソギンポ。
20170712 (4)
居心地良さそうな住み家ですが、ブイを固定しているロープにあるので、ガックンガックンと落ち着けないんじゃないかなぁ~。

アカイシガニwithテッポウイシモチ。
20170712 (1)
奥駿河の海の深場ならではの定番の光景です。

そして久々のA級アイドルの登場。
トガリモエビです。
20170712 (2)
ったく、クルクル回りやがって・・・。
あぁ、撮りにくい。

いや~、東側・・・熱いなぁ~。
やや狭いエリア内にギュッと面白さが凝縮しているようです。

明日は西よりの風、曇りの予報です。
明日も早々に西よりの風が顕著になりそうです。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】
7月より2ヶ月間、らららサンビーチが海水浴場としてて運営されることにより、昨年と同様にダイバー様の『駐車場』、そしてタンク置き場が少々変わります。
詳しくはコチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

↑このページのトップヘ