「平沢マリンセンター」スタッフブログ

西伊豆沼津市西浦らららサンビーチにあります現地ダイビングサービスのスタッフブログです。
その日の海況や海中の様子、現地の出来事やお知らせなどを気ままに書かせてもらいます。
スキューバダイビングやシュノーケリングをはじめとした、マリンアクテビティのことでしたら何なりと「平沢マリンセンター」までどうぞ♪
TEL 055-942-2646


平沢マリンセンターのホームページはこちら
https://www.hirasawa-mc.com/

西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内にあります、現地ダイビングサービス「平沢マリンセンター」のスタッフブログです♪
内浦湾の海の様子を、スタッフが思いついたままいろいろお伝えします!!
平沢マリンセンターの旧スタッフブログへ

タグ:ヒフキヨウジ

今日で正月三が日が終了♪
そして平沢式お餅つき大会は今日が最終日。
餅タイム@平沢マリンセンター

今日は特に最終日とあって、餅責めの刑(笑) のような様相と相成りやした。
お雑煮、きな粉餅、納豆餅・・・。
まるでワンコそばのようにたらふくお召し上がりいただき、ありがとうございました。m(__)m

さてさて今日もご機嫌なお天気に恵まれまして、海もとっても穏やかでした。
思い返せば、例年大晦日から三が日にかけては、だいたい1日は爆風のような大西風が吹き、海は大荒れになったりするのが常識のような感じだったんですけど、今回はとても平和だったなぁ~。
昨夜はけっこう吹きましたけどね。
そして皆さんがお帰りになった後、一時吹かれましたけど・・・。

海の中はというと、昨夜の強風が影響してか、微妙に透明度はダウン。
浅場で透明度7~8m、エリア内沖側の水底では透明度10~12mといった感じでした。

そして水温は浅場も含めて15℃台でした。
いよいよ伊豆の最低水温に近づきつつありますね。

ところで今日のリサーチダイブは、いい加減ウミガメを追うのはやめにして、ある意味マジメにやってみました。
これといったアイドルの発見はありませんでしたが、いろいろと楽しい場面やネタを確認しました。

まずはハリセンボン。
ハリセンボンの巣@平沢ビーチ
安定してこのカゴを住み家としているようで、今日もバッチリでした。

ちなみにこやつはこうもなりやす。
怒りモードハリセンボン@平沢ビーチ
くくっ。
怒り顔・・・。

なんとなくヒフキヨウジ。
ヒフキヨウジ@平沢ビーチ
くちばしがストローのようでしょ⁇

まだまだいます!!
南方系のハゼその1.
ハチマキダテハゼ@平沢ビーチ
ハチマキダテハゼ。

そしてその2。
クロイトハゼのペア@平沢ビーチ
クロイトハゼですが、けっこうあっちこっちで目にします。
でもチビッこいやつで可愛らしい個体もいますよ。

冬の海藻も育ち始めました。
海藻が育ち始めました@平沢ビーチ
あっという間に、わさーっとなっちゃうんだろーなー。

さーて明日から平沢マリンセンターはスタッフ2名体制。
お正月休み明けで、体重アップはしていませんでしょうかね⁇
ちょっと楽しみ♡

明日は北東のち南よりの弱風、晴天の予報です。
風力は弱~いみたいですので、穏やかな海が期待できそうですよ。

明日よりボートダイビングも復活です!!
ぜひどうぞ―!!

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】

ダイナミックな地形、ワイド&マクロウォッチングが楽しめる淡島ボートダイビングは毎日開催中です!!
淡島ボートダイビングについては、コチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/


今日も暑ーーーい!!
いったい水分、今日1日でどれだけとったのでしょうか⁉
飲んでも飲んでも吹き出る汗。
日本の夏ってこんなに暑かったっけ⁇

そんな汗でベッタベタの1日だった今日の午前中。
らららサンビーチも本格的に海水浴場らしい雰囲気となり、だからこその突貫作業的な感じで、長ーく育った海藻たちの除去作業を行いました。
海藻除去作業
海水浴でお越しの遊泳者の方々に絡まったりしたらとっても危険ですもんね。
小魚たちの良き住み家になっている海藻の林ではありますが・・・。

夏の忙しい時期に、本日お手伝いしていただきました各プロショップの皆々様、ありがとうございました。m(__)m
ボランティアダイバーの皆さん
狭いようで広いエリア、我々だけではとても手に負えませんから、本当に助かりました。

さぁそして今日の海。
やはり浅場が白く濁り気味ではありましたけど、下に行けば行くほどに透き通っていき、水深12mほどのところでとりあえず8mほどは見えました。
もっと深く行けばもっと見えたと思いますけど。
特に午後は・・・。

その辺りの水温は22℃。
もっと深く行けばもっと低くなったと思いますけど。
特に午後は・・・。

そして今日は午前中早々からじわじわと西よりの風が吹き始め、午後には沖合がパシャパシャしてしまいましたが、エリア内は特に問題なしでした。

徐々にですが西側もシャッターチャンスはボチボチあります。
ホウボウ幼魚

ヨウジウオ系はだいたいがこうした抱卵状態の個体たちです。
ヒフキヨウジ抱卵

さらに今日もアオリイカたちの産卵はとっても盛んでした。
アオリイカの産卵フィーバー中 (1)
アオリイカの産卵フィーバー中 (2)
新しく設置した産卵床も、すぐに卵塊でいっぱいになってしまう勢いです。

講習の海洋実習のご利用が日に日に多くなりつつありますが、フィッシュウォッチングだけの目的のダイビングも十分楽しめております。
でも初めて入る海中で、いきなりアオリイカの産卵ショーを目にしたら、間違えなくクセになるでしょうね。

明日も西よりの風が早々に顕著になりそうですが、エリア内はもちろん問題なさそうです。
そして明日も暑い1日になりそうですよ。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】
7月より2ヶ月間、らららサンビーチが海水浴場としてて運営されることにより、昨年と同様にダイバー様の『駐車場』、そしてタンク置き場が少々変わります。
詳しくはコチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

いや~、暑い暑い。
おーい、梅雨~、どこいったーーー⁇
今日は暑さに日差しも湿度も合わさって、梅雨明けしてしまったのではないかと思わせる陽気でした。

あぁそれにしても暑いな。
こりゃ海にとりあえずドボンしたいな、そんでもって潜ってしまえば身体中クールダウンできるな。
これが夏ダイバーのダイビング欲求なのであります。

今日の水温は21~22℃。
程よいクールダウンにはもってこいの加減でした。

そして透明度は5~8m。
うーん、イマイチ。(>_<)

でも海への出入りにはストレスのないコンディションが終日キープできました。

潜ればベラやチャガラがウヨウヨ。
そして1ダイブで1個体は必ず目に入るハリセンボン。
ハリセンボン
今日も例に漏れず・・・。
しかし目つきが悪いなコイツ。

そしてヒフキヨウジ。
ヒフキヨウジ
数はあまり多くはありませんが、だいたいの個体がお腹ポッコリです。

パイプ魚礁はいろんな魚の良い住処となっており、カラフルなキンチャクダイも居ついております。
キンチャクダイの正面ヅラ

おっ、ダテハゼのチビッこい個体。
ダテハゼの幼魚
目が大きくてカワイイなぁ♡
んっ⁇ でもこれTHEダテハゼかな⁇

うーん、レアモノ系がまったくの不在で困った。(>_<)
とにかく探しまくろう・・・。

明日は東のち西の風、終日雨模様になりそうです。
午後から西の風が顕著になりそうですが、エリア内は問題ないでしょう。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

今日の朝日。
平沢ビーチ・1日のスタート
早起きは三文の得ですね。
でも眠かった~。

昨日から天気予報では、今日は30℃越えの夏日とのことでしたが、確かに今日も暑かった~。
まぁでも別段、今日が特に暑い!! という感じには思えませんでしたが、やっぱり暑かった~には違いなし。

そして凪加減は終日、穏やか!!
午後から南西にビューンと吹かれることもなく、風はそよそよ程度。
またそれが体感温度を上げてくれた要因となったようです。

水温は水面が20.5℃で、水底が17.6℃。
温度計で測りましたので、ほぼ正確な値です。

透明度は浅場がけっこうキレイで12mくらい。
深い方に行けば行くほどダウンして、最も白いところで6mくらいでした。

その良かった浅場には、世代交代した青年サイズのメジナがどっさり。
浅場はメジナでいっぱい
ね??
透明感たっぷりな感じでしょ⁉

ところで水温が上がりつつあり、次の世代へと繋ぐための魚たちの生態シーンがいろいろと見られるようになっております。

まずはクツワハゼ。
ベストな繁殖活動のためには、まずべストな縄張り確保から?
・・・ということで、オス同士の威嚇&闘いです。
クツワハゼオス同士の威嚇とケンカ (1)
クツワハゼオス同士の威嚇とケンカ (2)
各ヒレは全開!!
しかも色柄も鮮やかとなり、ついついこちらも熱くなり、シャッターをバシバシ切ってしまいます。

そうそうキレイな体色と言えば、クサハゼもかなりイイ線いっております。
クサハゼ

こちらはもうすでにメスが放った卵を、オスが孵化まで保護する段階まで来ております。
抱卵中のヒフキヨウジのオス
下っ腹の方がぷっくりしておりますね。
そこのポケットにぎっしり卵を抱いております。
でもポケットを開いて見ーちゃだーめ♡

さらに春の風物詩キャラ、ミズヒキガニはだんだんと色がくすみ始めております。
ミズヒキガニ

そんでもって、食べ応え抜群のサイズのマダコ。
けっこうあっちこっちで見かけます。
マダコはあっちにもこっちにも

こちらは普段、ドテッと大きな個体が多いヒカリウミウシ。
今日は小さいサイズを発見。
ヒカリウミウシのちっさいやつ
やっぱりちっさいのは体色がキレイです。

そして何やらニョロニョロとしている糸こんにゃくみたいなのがおりまして、よーく見るとアナゴ? ウミヘビ? ウツボ? ウナギ?(笑)みたいなやつの極小サイズ。
すっけすけのニョロニョロ系
うわっ、身体スッケスケ♡

やたら身体をクネクネクネクネするものだから、はい、外敵に見つかって、こやつにパクリとひと飲みで喰われてしまいやしたとさ。(T_T)
パクッと食べちゃった
あーあ。

明日は南西の風、曇りの予報です。
少し暑さ加減は緩みそうですね。
でも曇りとは言え、夏前のこの時季の日差しはけっこうパワフルですので、日焼け対策は万全に。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


2017年6月4日(日)は「オープンウォータースイム大会」開催につき、砂浜側からのエントリー/エキジット、及び砂浜エリア内でのダイビングが終日できなくなります。
予めご了承下さい。
詳しくはコチラ
http://hirasawa-mc.blog.jp/archives/17017591.html

只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

5(=GO) 2(=TO) 4(=SEA)

はい、・・・ということで、今日・・・5月24日は『海に行こう!』ということで、正式登録された【スクーバダイビングの日】

忘れておりやした~。(笑)
あーあ。

さぁ今年のスクーバダイビングの日。
あれれ?? 富士山に笠雲。
富士山の傘

確かに予報では雲が多めの空模様・・・的な感じで、こりゃもしや・・・と思っておりましたが、とりあえず雨には降られず、日差しはまずまず、蒸し暑さが先行した、「あぁ水、水に入りたーい♪」ムードたっぷりな、ダイビング業者にはとっても都合良さげなスクーバダイビングの日となりました。

そんな海っぷり全開であるべき今日の午前中は『POPレクチャー@いけすや』。
POP教室 (1)
POP教室 (2)

あっ、自分は参加しておりませんが、我が内浦漁協直営の、メチャうま・地物アジ料理専門店のスタッフとマリンセンタースタッフの混合チームで頑張ったようですよ~。
アピールポイントの抽出とそれをどう紙面に表現するか・・・。
それは業種問わずの共通項。

参加した、さゆりねーさんに期待しましょう。

そして肝心の海の話。

午後から南西が吹き出し、沖合は少々バシャバシャしたものの、ビーチは終日、全然問題なし。

急激に水温がアップしたようで、内浦・西浦界隈の海面には真っ赤なあれがちらほら・・・。
当然、海面付近の表層50cm~1mくらいはかなりの濁々状態。
でもその下からはなんとか見えるようになり、透明度は5m前後に。

まぁこの赤いやつ。
透明度が良くなる前兆でもありますから、その後の回復にものすごーく期待しております。
ね、みんなで期待しましょうね。
期待してて下さいね。

・・・でその水温と申しますと、水面で22℃。
平沢ビーチの水底では、20℃!!
わっ高っ
わっ、ぬるっ!!

こりゃ、ウェットスーツで全然いいじゃん!!
初島からウェット持ってこなきゃ。

透明度が回復して、アオリイカの産卵が、ドーン!!とスタートしてくれますように。m(__)m

そして今日の海の中の生き物の様子。

ん⁇ 産卵してんの?
産卵中かな

右目の青タン。
いたそ・・・。(>_<)
目に青タン

ギリ、ヘッドランドそばのエリア内で観られたミズヒキガニのペア。
ミズヒキガニのペア

水温が上がって急にイケイケモードのオハグロベラの野郎たち。
オハグロベラの男の決闘

さっ、今週末直前で透明度が回復(あくまで妄想です・・・)。
そして夏前の淡島ボートダイブ解禁期間最後の週末、ビシッと楽しい淡島をご堪能いただき、また9月からの再開に繋げれればいいなと思います。
夏は淡島のポイント・・・かなり潮が速くなる傾向にあるため、3ヶ月間だけお休みさせていただきます。
また9月からやりますからねっ!!

明日は南東のち西の風、曇りの予報です。
明日も蒸し暑くなりそうです。
身体を冷ましにいらして下さいね♡

平沢マリンセンターより朝倉でした。


2017年6月4日(日)は「オープンウォータースイム大会」開催につき、砂浜側からのエントリー/エキジット、及び砂浜エリア内でのダイビングが終日できなくなります。
予めご了承下さい。
詳しくはコチラ
http://hirasawa-mc.blog.jp/archives/17017591.html

只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/


ドライスーツ使用時の最大の悩み。
それは何といっても、膀胱リミット。

とにかくドライスーツでこの時季潜ることは、崖っぷちに目隠しして片足で立たされるような、そりゃもうリスキー中のリスキー(かなり大袈裟・・・)。
自分にとっては・・・。

そこで自分もとうとうコレ・・・。
膀胱対策にとうとう紙おむつ

結果は??
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
良い子の皆さんは、マネをしないように。

こんにちは。
朝倉です。

午前中は気持ち良さげな晴れ間のある、まさに行楽日和。
午後からは予報通り、雲が広がり始め、風も冷たく感じるようになりました。

でも海は終日穏やか。
見る限りではじつにイイ感じの海っぷりだったのですが・・・。

潜るとまさに春!! を感じさせてくれる、気が引き締まるというか、逆にやる気を無くさせられるというか、そんな複雑で奥の深いコンディションでした。

ただ潮が上げてくると、どんどんクリアな潮が顕著にわかるようになりました。
1日通しての透明度は3~10m強といったところ。

濁った層から、クリアな層に出た時には、まさに天国!!
瞳孔がキュッと閉じていくのがわかるほどです。

そうそう砂浜側のアオリイカの産卵床跡。
ピカチュー祭りも終わったかと諦めていましたが、ここにきて4個体ゲット。

そのうちの2個体です。
ピカチュー祭り復活か?
ピカチュー祭り、復活か⁉

ウミテングはこんな感じ。
ウミテング3
目印近くでじつに良い子でした。

ヒフキヨウジ。
ヒフキヨウジ
あぁ、バックがバスクリーン。(*´Д`)

ボウズコウイカ。
ボウズコウイカ
やっぱりバスクリーン。(T_T)

いやいや春のアレ、例年のこととは言え、困ったものです。
もうしばらくの辛抱かな??

辛抱しながら、明日より日曜大工週間がスタートです。
ひたすらオオヤマンと棚づくりです。

明日は北東の風、晴天の予報です。
風が変わって少しでも透明度に良い影響が出ることを祈ります。m(__)m


只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/



いよいよやってきました!!
花粉症シーズン。
目がムズムズ、喉がイガイガ・・・。
そして、ヘックショーイ。

そのシーズンが本格化すると、次ににやってくるのは春のアレ・・・。

あーあ、憂鬱。
しばらくの辛抱だなぁ~。

こんにちは!!
朝倉です。

今日の内浦&西浦界隈は、人気ドラマの収録で各某所に野次馬がチラホラ。
秘密裏のままに準備が進み、そして収録本番でしたから、チラホラで済んだようですが・・・。

もちろん「らららサンビーチ」もロケ現場の各某所の1つとなり、今日の午前中は某女性人気アイドルが平沢のヘッドランドに登場。

そんなチラホラの野次馬の中には、当センタースタッフのさゆりねーさんと、あきこねーさんの娘さんのタマちゃんの姿も・・・。
野次馬
さゆりねーさん、今日は勤務が休みなのにね。
ぷぷっ。(笑)

それでもって海の話。
今日は午後から若干西よりの風が吹きましたが、終日ビーチは全くもって問題なし。

そして海の中はと言うと・・・。
表層がけっこう濁っていましたが、ちょっと行けばご覧のヌケ方でした。
画像の右上に濁った層の様子がうかがえますでしょ??
二層の潮
ヌケているところは、透明度12~13m。
すっきり青さもありました。
表層がそんなで、今日は夕方前に入ったということもあり、やや深めは暗くなっちゃいましたけど。

砂地ではメイタガレイ。
メイタガレイ
うわっ、なんか怒ってるの??って感じの表情。

やっぱ、怒ってるよ・・・。
メイタガレイどアップ

ヒフキヨウジ。
ヒフキヨウジ

「えっ? なに⁉」っていう表情のヒガンフグ。
ヒガンフグ1

ハリセンボン、けっこうたくさんいます。
ハリセンボン

さすがにこの時間だとネジリンボウは全滅。
でもピカチュー、ピンクのカエル、ウミテングはほぼ定位置でした。

明日は南西の風、曇り午後一時雨の予報です。
午後から強めの風力になりそうですが、やや南っけっぽいので、ビーチは特に問題なくいけそうです。


只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/




平沢マリンセンターのある西浦エリアは、みかんの産地。
只今、「青島みかん」が最盛期で、平沢マリンセンターでもたくさんの青島みかんたちがスタンバっておりやす。
P1064718

地元に住んでいる我がスタッフのお姉さまたちが、ダイバーの皆様にとたくさん持ってきてくれるからなんですけど・・・。
自分も健康のため、せっせといただくようにしております。

おかげでビタミンCたっぷり吸収。
だから風邪知らず!!

平沢マリンセンターは常に風邪知らずなのであります。
耳もスッポンスッポン抜けまくりでーす。

こんにちは!!
朝倉です。

今日も問題なく穏やかコンディション。
一時的にザワザワ~っと海面がしましたが、パシャパシャ感はなくベタ凪と言いたいくらいなレベルでした。

透明度は午前中は概ね10~15mでしたが、午後になると表層から浅場にかけてが白っぽくなってしまい、それでも7~8mくらいだったでしょうか。
深場は安定して良い感じでした。

たまには右の深場にでも行ってみようかなと、長くなることを想定、みかんの利尿作用に持っていかれないよう、しっかり搾り出し、じっくり探索して参りました。

東口の浅場では、相変わらずシロハナガサウミウシの宝庫。
P1064679

久々だなぁ~、ここで見るの。
マツカサウオ。
P1064700

うわー、ビシャモンのペアだぁーー。
P1064690
カッコイイ!!

お腹パンパンのヒフキヨウジのメスも登場。
P1064717

残念ながらネジリンボウは2個体ともハズしてしまいました。
やっぱり早めの日の高いうちが狙い目なのかなぁ~。

冷えと締めつけとトシ?のせいか、ダイビングの終盤・・・足がつって、そりゃもう辛いのなんのって。
ダイビングはスポーツ。
距離を泳ぐダイバーさんは、潜る前にしっかりウォームアップとストレッチを!!
って言ってる自分がやらないですけど。

明日は南東のち西の弱風、晴天の予報です。


【西伊豆沼津西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/




↑このページのトップヘ