「平沢マリンセンター」スタッフブログ

西伊豆沼津市西浦らららサンビーチにあります現地ダイビングサービスのスタッフブログです。
その日の海況や海中の様子、現地の出来事やお知らせなどを気ままに書かせてもらいます。
スキューバダイビングやシュノーケリングをはじめとした、マリンアクテビティのことでしたら何なりと「平沢マリンセンター」までどうぞ♪
TEL 055-942-2646


平沢マリンセンターのホームページはこちら
https://www.hirasawa-mc.com/

西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内にあります、現地ダイビングサービス「平沢マリンセンター」のスタッフブログです♪
内浦湾の海の様子を、スタッフが思いついたままいろいろお伝えします!!
平沢マリンセンターの旧スタッフブログへ

タグ:ヒメエダミドリイシ

今日のサービススープは、あきこ農園の採れたて長ネギ入り~♪ の味噌汁。
今日のサービススープはネギ入り味噌汁@平沢マリンセンター
野菜もやっぱり採れたてがウマイ!!
でも味噌は「おかあさーん」ですけどね。

いや~、今日はまた一段と西よりの風が強かったです。
日差しがしっかりあっても、この風に体温ぜーんぶ持っていかれちゃいやして、それはもう厳しい1日でした。

この次第に強くなった西よりの風が、次第に波も高くしまして、午後終盤頃は、俗に言う潜水注意レベルにまではいきませんでしたが、東口と砂浜側はもうザブザブ状態。
一方、最強の西口は全くのベッタベタ状態がキープされました。

透明度は昨日とほぼ同様、概ね8~15m。
こんな感じでやはり比較的東側が良かったです。
今日も透明度良好@平沢ビーチ
ちなみに水温は16℃台後半から17℃台でした。

また日の光がしっかり差し込む東側の浅場は、このようにトロピカル情緒たっぷりな景観が、この時季にも拝めます。
ヒメエダミドリイシの群落@平沢ビーチ

深場に行けば楽しい小さいものもちらほら。
コミドリリュウグウウミウシ@平沢ビーチ
ホシアカリミノウミウシ@平沢ビーチ

そして甲殻類も楽しめてますよ。
東口から一番遠い岩ではありますが、そこに付いているムチカラマツには、そこだけ意外に多くのムチカラマツエビがいました。
その中でこんなやつも・・・。
抜け殻かな@平沢ビーチ
ちっさ。
抜け殻か!?

さらに小さなハクセンエビも発見!!
ハクセンエビ@平沢ビーチ
こりゃいいネタですぜ、だんな。

水がイイのに、敢えてマクロで楽しむ・・・。
「暑い日に熱いお茶を飲む」的な、ちょっとオツなダイビングスタイルですね。

明日も西よりの風が強いっぽいです。
特にお昼以降の午後ですかね。
午前中早めであればなんとか淡島は行けるかもですが・・・。

もちろんビーチエリアは終日全域問題ありませんけどね。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【お知らせ】
年末年始は休まず営業させていただきます。
ただし12月31日~翌年1月3日は、ボートダイブのみお休みとさせていただきます。

ダイナミックな地形、ワイド&マクロウォッチングが楽しめる淡島ボートダイビングは毎日開催中です!!
淡島ボートダイビングについては、コチラ

【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/


新たな浮き桟橋・・・。
着々とその製作が進行中です。
新・浮桟橋
これは昨日の夕方頃。
今日も漁協の方々が総出でやってくれております。

製作に携わってくれている皆々様、それぞれに仕事があるのに、ホントにありがたいです。
自分も工具を持って、スタッフオオヤマンと駆け付けたいのですが・・・。

さてさて今回新たに取り付けられることになるこの浮き桟橋と架け橋。
ちょっとやそっとの台風や嵐ではビクともしないようなしっかりしたものになる予定です。
さらに陸側もしっかりコンクリートで整地し、より安定性を持たせる予定です。

完成までもう少々掛かりますが、せっかくならよりしっかりしたものを・・・ということですので、どうかお待ちいただくこと、ご理解下さいませ。m(__)m

ところでマリンセンター前のプランターが季節が変わりペンペン草のようになってしまいましたので、今日はスタッフあきこねーさんがせっせとこのようにしてくれやした。
花を一新@平沢マリンセンター
パンジーーー!!

それにしても今日は冷え冷えとする陽気の予報でしたが、風が終日弱かった分、それほどでもありませんでした。
さらにそのおかげで海は全域、ベタベタ状態がキープされましたしね。

そして透明度は・・・。
昨日よりまた少々アップしました!!

さらに水深15mくらいより下に、冷たい19℃の潮ですがクリアな潮があり、その辺りの透明度は10~12m!!
うわーっ、久しぶりだなー。

それより浅いところでも透明度6~8mとまずまず・・・。
その辺りの水温は21~22℃でした。

比較的悪めなことが多い西側ヘッドランド横でも意外と良かったですよ。
今日は少しイイ感じ@平沢ビーチ
この辺りで透明度6~7mくらい・・・。

ちょっと沖に行っても濁ることもなく・・・。
ヘッドランドのイサキの群れ@平沢ビーチ

東側の深場は冷たかったですが、スッキリ!!
でもマクロ・・・。
ハクセンアカホシカクレエビ抱卵@平沢

ハチマキダテハゼを正面から。
前からハチマキダテハゼ@平沢ビーチ
でも顔のとこのライン・・・ハチマキじゃないね。

平沢名物⁇、ホタテウミヘビの全身バージョン。
全身出ちゃってるホタテウミヘビ@平沢ビーチ
潜ってるヤツより、全身出ちゃってるヤツの方が圧倒的に多いです。

イソギンチャクモエビ×2。
イソギンチャクモエビ@平沢ビーチ - コピー
けっこう撮りやすかったので、マーキングをしておきやした。

やっぱり東側はけっこうキレイでしたよ。
チャガラがキレイだわー@平沢

南国チック♪
サンゴの群落@平沢ビーチ

イワシのちっさいのが玉になってキラキラでした☆
イワシ@平沢

さぁこの調子でもうちょい透明度良くなってくれるといいなぁ~。
今日の時点でもまずまずイイ感じでしたけどね。

明日は東より、一時西の弱風、雨のち晴れの予報です。
午前中までは降られちゃいそうですけど、海の穏やかさは安心できるレベルでしょう。
淡島も終日問題なさそうです。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


【淡島ボートリサーチ会のお知らせ】
淡島ボートダイブリサーチ会のお知らせ
11月20日(月)、21日(火)は淡島ボートポイントのリサーチ会を行います。
対象はダイビングショップのプロスタッフ様となります。
9:30出航と12:30出航の2ボートダイブ。
事前予約が必要となります。
お問合せはお気軽に平沢マリンセンターまで♪
TEL 055-942-2646

平沢名物の1つ、造礁サンゴ群落。
とりあえずきれいに
ヒメエダミドリイシ。

これが群生している辺りだけは、なんとなくトロピカルな感じです。
もちろん夏や秋は、そこでカラフルな魚たちが群れ戯れております。

でもでも、これをこのようにキープするためには、ちょこっと人の手も必要だったりします。

例えば、海藻が多くなるシーズンにはこんな感じになります。
サンゴに海藻付着

もっさりフクロノリがサンゴに付着。
こうなるとサンゴのポリプ内に共生する褐虫藻が光合成できなくなり、あるいはし難くなり、サンゴ自体が生き難い環境となってしまいます。

・・・なので、我々ダイバーがこの海藻を丁寧に除去します。
海藻を除去
ラフにやって、ボキッとやらないように♡

さらにこうしてバキッと折れてしまったサンゴの枝。
バキッと折れたサンゴ

折れてしまっても、サンゴはしっかり生きております。
でもこのまま放置してしまい、砂に埋もれてしまったりすると、死んでしまいます。

・・・なので、こんな穴のあいた岩があったら・・・、
岩に穴っぽこ

こうしてプスッと差し込んであげれば・・・、
その穴にサンゴの枝を差し込む
とりあえず生きていけます。
そして徐々に岩に固着していくようで、そうなればそこからまた繁殖し増えていくのだそうです。
水中ボンドでしっかり留めてあげればよりベターなんですけどね。

海を浄化する働きや天然の防波堤としての役割、他の生物への影響など、 海中だけではなく地球にとって大変大きな役割を果たしているサンゴ。

特にこのエダミドリイシ群集は食物連鎖における一次生産者としての役割を担う生態系の基盤種であるわけですから、フィッシュウォッチング大好きダイバーにとっては、まずこのサンゴの保全に努めることも重要なんですね。

今日は申し訳ありませんが、諸事情により海況などのデータが得られませんでしたので、平沢のサンゴについてのお話をさせていただきました。

明日は南東のち西の風、晴天の予報です。

平沢マリンセンターより朝倉でした。


只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/

ここ平沢マリンセンターのある西浦平沢の隣の地区・・・久連(くずら)にあるお豆腐の名店「渡辺豆腐店」さんの厚揚げと油揚げです。
久連・渡辺豆腐店の厚揚げと油揚げ
「美味しい、美味しい」とスタッフのおねえさま達、そんなに美味いのならぜひ自分にもと、あきこねーさんに買ってきてもらいました。
お休みなのにね。(笑)

美味しいものは素早く速攻をかますのが礼儀。
早速、厚揚げをいただきやしたが、確かにうまーーい!!

次は油揚げをやっつけまーす。
明日の皆様への愛のスープは、この油揚げの味噌汁に決定!!

地元グルメ、バンザーイ!!

こんにちは!!
朝倉です。

今日は天気もボチボチ良く、昼過ぎまでは沖合も凪が良く、まさにボートダイビング日和。
いざ淡島へ
もちろん淡島ボートダイビングは楽勝開催。
じつは初島に遊びに来て下さった時に偶然判明したんですけど、じつは自分の高校の同級生だった・・・というFさんが平沢にも遊びに来て下さいました。
ありがとうございまーす!!

ところで淡島も表層が濁っていたそうです。
下の方で透明度12~13m。
うーん、このタイミングにしてはまずまずかな??

そしてボートダイビングが終了し、内浦港にボートを返しに行く途中・・・。
踊り船
わっ、わっ、ナンだ、ナンだ??

この船とはその後、内浦港でバッタリ。
江梨・真正丸のダイちゃんに声を掛けてもらい、一緒に記念撮影をしてもらっちゃいました。
地元の漁師さんたちと記念撮影

今日はたまたま、クラブツーリズムさんのツアー向けのイベントで、『大瀬まつり踊り船』が特別出航だったんですって。
ちなみに『大瀬まつり』本番は、4月4日(火)らしいですよ~。

その後平沢に戻ってきて、ちょっと遅めのリサーチダイブ。
今日も東側をじっくり攻めてみました。
やっぱり東側は比較的、深度が取れるので生物層にも幅が出て楽しいものですから・・・。

まずはオーソドックスにオキゴンべ。
オキゴンべonトサカ

オトヒメエビも。
オトヒメエビ

ジンドウイカの卵かな??
ジンドウイカの卵

一輪咲いても花は花。
わび・さびの世界@平沢。
一輪の花の如く

うわー、でかいカスリハゼをゲット。
カスリハゼ
こんな大きいの、この辺りで見たのは初めてかも。

深場はまずまず見えていて、透明度は12mほど。

深度を上げていくと途端に細かいプランクトンっぽい浮遊物がたくさん増えだし、決して濁っている感はないんですけど、なんとか10m見えるかなという透明度でした。
オオスジイシモチ

それでもって浅場のヒメエダミドリイシの群生。
ヒメエダミドリイシ
付着している海藻は、サンゴには毒。
ささっと取り除いてキレイにしてやりやしたぜ。

そして表層は濁り自体がちょっと強かったかなという感じがありました。

東側は自然感がたっぷりで、アイドル生物が例え居なくても、十分潜ったぞという満足感は高いなぁ~♪
明日は西側もしっかりリサーチしまーす!!

明日は北東のち南西の弱風、晴れのち曇りの予報です。
明日も問題なさそうですね。


只今、ダイビングプロショップ様に限り、ダイビングを含むご視察来場を受付中です。
まだ利用したことがない、もしくはだいぶ前に利用したが再度視察したいというダイビングプロショップのスタッフの方々。
どうぞお気軽に視察にお越し下さい!!
まずはお電話を。TEL 055-942-2646


【西伊豆沼津市西浦のらららサンビーチ内『平沢マリンセンター』のホームページはこちら】
http://ushi-vip.ddo.jp/rarara-d/

【ガイド付きファンダイビングや体験ダイビングは『らららマリンスクール』へ】
http://www.seafront-numazu.com/


↑このページのトップヘ